大規模木造建築WOODEN BUILDING

徹底した品質管理と的確な構造計算で実現「大規模木造建築」

伐採しても計画的な植林を行うことで半永久的に供給可能な循環型資源「木」。

紀の國建設は、環境に優しい構造材である木を使った大規模木造建築の施工実績が豊富です。

規模の大きい建築物を木で建てるということは「伐る→植える→育てる」という森林の循環サイクルを助け、
地球の二酸化炭素削減にも大きく貢献します。

木の質感や香り、触れた時の心地良さなど、癒しの空間を実現することはもちろん、その柔軟性と粘り強さを併せ持った性質と調湿性は、地震や台風の多い日本特有の風土に適した構造になっています。

そのため、幼稚園や保育所、託児所といった児童施設や、クリニックや老人ホーム、介護施設といった医療福祉施設、コンビニエンスストアなど平屋の商業施設などに適していると、私たちは考えています。

火に弱いイメージのある木造建築ですが、実は耐火性は鉄骨よりもはるかに高いといわれています。熱伝導率が高い鉄は、ひとたび火災が起きれば温度は急激に上がり、変質してしまいます。近年では建築技術が向上し、火に強く強度に優れた大規模木造建築が建てられるようになっています。

豊富な実績と確かな技術、木を熟知した適切な構造計算で、耐震性に優れ、使う人にやさしく、設計の自由度が高い、ぬくもりが伝わる空間を実現します。